パソコン修理やスマホ修理は専門業者へ|故障を直してビジネス保障

携帯

水没の機器からデータを守る

iPhoneを水没させてしまったとき

パソコン

iPhone修理の理由の中でも最も多いのが製品の水没、製品内に液体が入り込んだことで起こる不具合です。普段携帯することの多いiPhoneですから、ちょっとの不注意で飲み物をこぼしたり、水の中に落としてしまうなんてケースが少なくないのです。もしもiPhoneを水没させてしまった場合、変に操作をしようとせずにまずは電源を切って様子を見てください。その際に無理に製品を起動させてしまうと余計事態が悪化することもあるので注意が必要です。そしてある程度時間を置いた後、電源を入れて問題が起きていないかをチェックしてみましょう。画面の操作に異常がないようであればその時点でiPhone内のデータのバックアップ等を行っておくことをおすすめします。というのも、一見直ったように思われても実際、製品内部は水没によって多大なダメージを負っています。今は良くてもいつ状態が悪化して、使えなくなるかわからないのです。

修理方法とその費用について

データのバックアップが終われば、その後できるだけ早くiPhone修理の依頼を行いましょう。iPhone修理はappleの店舗もしくは正規代理店で行われているので、店舗の場所をチェックして早め早めの行動をおすすめします。水没等のiPhone修理は保証対象外となるので、ある程度の費用が発生します。金額はiPhoneの型式などによっても異なってくるのですが、大体2万円程度の費用が必要になってくるようです。決して少なくない金額なので、中には負担に感じる人もいるかもしれませんね。キャリア会社によっては、申請すればその修理費用を返金できる、修理保証サービスなどもあるので、費用が不安だという人は加入をおすすめします。